Sense Island -感覚の島-

暗闇の美術島

2019/11/3 - 12/1

猿島の伝説

明治時代からの砲台跡が史跡に指定され
歴史遺産としても貴重な猿島は、
一周歩いて40分程度で回れる小さな無人島です。
この無人島には日蓮上人の、こんな伝説が残っていました。

1253(建長5)年、安房の国から海を渡り鎌倉へ布教に行く途中、
日蓮上人を乗せた船は突然の嵐に合い、
船底に穴が開き沈没しそうになりました。
上人が静かに法華経を唱えると、
船底の穴に鮑が吸い付き穴は塞がりましたが、
嵐は静まらず、上人が一心に法華経を唱え続けると、
一頭の白猿が現れて船を島へと導いてくれたことから、
猿島と名付けられたと言われています。

島を訪れた人はこの伝説や史跡を知ることで、
今でも日蓮上人を偲ぶことができるのです。
※諸説あります

MENU